ナレッジ

スコットランド法案の発表 ほか

Global Tax Update:2015年6月号/英国

2015年5月28日、2015年スコットランド法案(Scotland Bill 2015)が議会に提出された。本法案はスコットランド居住者の所得税率および超過累進税率の判定金額を決める権限をスコットランド議会に付与するものである。(Global Tax Update:2015年6月号/英国)

関連コンテンツ

スコットランド法案の発表

2015年5月28日、2015年スコットランド法案(Scotland Bill 2015)が議会に提出された。本法案はスコットランド居住者の所得税率および超過累進税率の判定金額を決める権限をスコットランド議会に付与するものである。権限がスコットランド議会に付与される日は財務省令(Treasury Order)に定められ、早くて2017年4月ごろになると思われる。

簡易裁判所訴訟:人材派遣料に係るVAT

簡易裁判所(First-tier Tribunal)では「Adecco派遣従業員訴訟」の控訴審が行われている。英国歳入税関庁(HM & Revenue and Customs)は、Adeccoには派遣先企業から受け取った人材派遣料(派遣社員に支払う給与を含む)全額について売上付加価値税(Value Added Tax:以下「VAT」)を支払う義務があるとしたが、Adeccoはこの決定を不服として控訴し、VATの課税対象となるのは自身が行った紹介業務および付随業務(給与支払サービスを含む)について請求したコミッション金額のみであり、派遣社員に支払った給与関連費用は課税対象外であると主張している。

 

>> Click for English [Scotland Bill published]

(180KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?