ナレッジ

BEPS行動13:国別報告書に関する最終規則、ほか

Global Tax Update:2016年3月号/英国

2016年2月26日、BEPS(税源浸食と利益移転):国別報告書に関する税務規則(The Taxes(Base Erosion and Profit Shifting)(Country-by-Country Reporting)Regulations 2016)が議会に提出され、3月18日に発効した。(Global Tax Update:2016年3月号/英国)

関連コンテンツ

1. BEPS行動13:国別報告書に関する最終規則

2016年2月26日、BEPS(税源浸食と利益移転):国別報告書に関する税務規則(The Taxes(Base Erosion and Profit Shifting)(Country-by-Country Reporting)Regulations 2016)が議会に提出され、3月18日に発効した。

2. 持株会社が行うグループ内サービス:VAT上の取引に相当するか?

今般、英国の上級裁判所(Upper Tribunal)はNorseman Gold plc訴訟に係る判決を下した。本件は、持株会社が負担した費用に係る仮払付加価値税(Value Added Tax:VAT)の回収に関するものであり、子会社が持株会社に支払う「マネジメントサービスフィー」に関して提起されたものである。

 

>> Click for English [BEPS Action 13: Country-by-Country Reporting: final regulations]

 

(205KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

経済の国際化に伴い国外関連者との取引はますます複雑となり、その内容も有形資産から無形資産やサービス取引へと拡大しています。また「移転価格税制」が全世界的に適用強化の傾向にある中で、デロイト トーマツ グループは企業が海外ビジネス戦略の目的を遂行しつつ、各国の移転価格税制を遵守し、移転価格更正リスクや対応コストを低減するためのコンサルティングサービスを提供します。

お役に立ちましたか?