ナレッジ

大企業の税務戦略公表に関するガイダンス草案 ほか

Global Tax Update:2016年5月号/英国

英国歳入税関庁(HM Revenue and Customs:HMRC)は第二次財政法案(Finance (No. 2) Bill)Clause 149およびSchedule 19に規定されている、大企業の税務戦略公表義務に関するハイレベルなガイダンスを公表した。(Global Tax Update:2016年5月号/英国)

関連コンテンツ

本ニュースレターでは、以下のトピックについて解説する。

1. 大企業の税務戦略公表に関するガイダンス草案

英国歳入税関庁(HM Revenue and Customs:HMRC)は第二次財政法案(Finance (No. 2) Bill)Clause 149およびSchedule 19に規定されている、大企業の税務戦略公表義務に関するハイレベルなガイダンスを公表した。

2. 「重要な支配者」名簿の申告義務化

2016年4月6日以降、英国の法人(company)および有限責任事業組合(Limited Liability Partnership:LLP)は重要な支配者(People with Significant Control)の名簿を保管しなければならないことが義務化されている。

3. 簡易裁判所判決:駐車違反の罰金は控除不可

簡易裁判所(First-tier Tribunal)は現金の回収・輸送を行う装甲車への駐車違反罰金に関する納税者の訴えを棄却した。

4. VATに関する控訴裁判所判決:納税者は不正が行われていたことを知るべき立場にあった

控訴裁判所(Court of Appeal)は、Davis & Dann Ltd およびPrecis (1080) Ltd(控訴人)が関与したGilletteのカミソリの「灰色市場」での取引について、控訴人は当該取引がVAT詐欺に関係していたことを知るべき立場にあったとするHMRCの判断を支持した。

>> Click for English [Requirement for large businesses to publish tax strategy: draft guidance]

 

(209KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?