ナレッジ

FRS101およびFRS102の税務上の影響:HMRCが関連文書を改訂

Global Tax Update:2016年11月号/英国

英国歳入税関庁(HM Revenue & Customs:HMRC)は、英国GAAPからFRS101またはFRS102に移行する企業にとっての主要な会計上の変更点および税務上の影響をまとめた2つの文書を公表していたが、今般、当該文書を改訂した。(Global Tax Update:2016年11月号/英国)

関連コンテンツ

本ニュースレターでは、以下のトピックを紹介する。

1. FRS 101およびFRS 102の税務上の影響:HMRCが関連文書を改訂

前回の改訂は2016年8月に行われている。ただし、今回改訂された文書では2015年財政法(No.2)(Finance(No.2)Act 2015)または2016年財政法(Finance Act 2016)に含まれた変更点に対応する改訂は行われていない。

2. クリエイティブ産業に関する優遇税制:ガイダンスの改訂

HMRCはクリエイティブ産業の法人税優遇措置の適用要件および申請方法に関するガイダンスを改訂した。対象となるのは、映画、アニメ番組、高品質なテレビ番組、子供向けテレビ番組、ビデオゲーム、舞台およびオーケストラコンサートの制作企画である。

3. 企業開示:2015/2016年度のFRC年次レビュー報告書

英国財務報告評議会(Financial Reporting Council:FRC)は、企業の開示に関する2015/2016年度年次レビュー報告書(Annual Review of Corporate Reporting for 2015/16)を発表した。過年度に識別された懸念事項に基づき、評議会は事前に通知していた33社について、次期開示についてもレビューの対象とすることを目的として、今期の税金関連開示のレビューを行った。

4. VAT:代理人取引に係る簡易裁判所判決

簡易裁判所は、Hotels4U.com Limited(H4U)訴訟においての判決を下した。本件は、H4Uが、旅行者への旅行関連の業務提供を、「代理人が本人の名において行う代理行為(disclosed principal)」として行ったのか、それとも「本人」として行ったのかに関する訴訟である。

5. 手続上の不備は物品移動に係るVAT免除を否認しない:CJEU判決

CJEUはJosef Plöckl訴訟(ドイツ)について判決を下した。本件は、EU域内におけるPlöckl氏の物品(車)の移動について、域内移動証明手続が遵守されていなかったことに関連する訴訟であり、当該違反がドイツでのVAT免税を否認する根拠となるか否かが争われていた。

 

>> Click for English [UK tax implications of FRS 101; FRS 102: HMRC papers]

(189KB, PDF)
お役に立ちましたか?