ナレッジ

英国2018年度予算案

Global Tax Update:2018年10月号/英国

英国経済の見通しに不透明感が漂う中、Philip Hammond財務大臣は、10月29日に2018年度予算案を公表した。

公表された2018年度予算案の主な背景として、経済情勢の変更と、英国の市場開放の推進がある。Hammond財務大臣は、必要な場合は、2019年春の予算演説を財政イベントとする用意があることを明らかにしているものの、Brexitに関して特別な税制に関わる制度は何ら公表されなかった。一方、今回公表された改正点に関わる法案は、2018年11月7日に公表された。

なお、以下に概説する改正点はいずれもまだ施行されていないが、過去の予算案の事例を踏まえると、2019年の春に施行されるものと見込まれる。

本ニュースレターは、今回の予算案の中から、特に日系企業グループにとって重要と考えられる項目についてまとめたものである。英国の2018年度予算案についての詳細及び解説については、以下を参照のこと。

>>Deloitte UKウェブサイト(英語)

本ニュースレターは、以下5つのトピックに分けて解説する。

  1. ビジネス・タックス
  2. キャピタル・アローワンス
  3. 業種別項目
  4. 雇用税 : 直接雇用外の労働
  5. 間接税

※詳細はPDFを参照

 

>> Click for English [ Budget 2018 ]

(295KB, PDF)

関連するサービス

お役に立ちましたか?