ナレッジ

帰属主義への見直しによる内国法人課税への影響

『国税速報』平成27年1月12日号

平成26年度税制改正において、外国法人に対する課税原則について、いわゆる「総合主義」に基づく従来の国内法を、2010年にOECDにおいて採用された考え方(AOA)に沿った「帰属主義」に見直すこととされました。 具体的には、外国法人については日本に有する恒久的施設に帰属する所得(恒久的施設帰属所得)を国内源泉所得の一つとして位置付け、(1)恒久的施設の果たす機能、使用する資産、資本を恒久的施設に帰属させ、(2)恒久的施設と本店等との間の内部取引を認識し、(3)その内部取引が独立企業間価格で行われたものとして、恒久的施設帰属所得を算定することになります。(『国税速報』平成27年1月12日号)

関連コンテンツ

【疑問相談】法人税

「帰属主義への見直しによる内国法人課税への影響」

Question:
当社は、卸売業を営んでいる内国法人であり、日本で購入した商品をA国の支店を通じて国外で販売しています。なお、日本とA国との間で租税条約は締結されておらず、これまでA国支店で販売する取引から生ずる所得に対してA国法人税が課されています。
平成26年度税制改正においては、外国法人に対する課税原則について、「総合主義」から「帰属主義」に見直すこととされましたが、当社のように国外に恒久的施設を有する内国法人の外国税額控除の算定に及ぼす影響について教えてください。

Answer:
添付PDFをご覧ください。

(207KB, PDF)

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?