ナレッジ

BEPS防止措置実施条約が投資ストラクチャーに与える影響

『国税速報』平成29年12月4日号

BEPS 防止措置実施条約とは、正式名称を「税源浸食及び利益移転を防止するための租税条約関連措置を実施するための多数国間条約(Multilateral Convention to Implement Tax Treaty Related Measures to Prevent BaseErosion and Profit Shifting)」(MLI)といい、 BEPS プロジェクトにおいて策定されたBEPS 防止措置のうち、租税条約に関連する措置を効率的に実現することを目的とした多国間協定です。(『国税速報』平成29年12月4日号)

【疑問相談】国際課税

「BEPS防止措置実施条約が投資ストラクチャーに与える影響」

Question:
BEPS防止措置実施条約の概要と、当該条約で導入されたBEPS行動計画6(租税条約の濫用防止)の勧告が海外との投資ストラクチャーに与える影響について教えてください。

Answer:
添付PDFをご覧ください。

 

※本記事は、一般財団法人大蔵財務協会の許可を得て当法人のウェブサイトに掲載したものにつき、無断転載を禁じます。

(650KB, PDF)

関連するサービス

お役に立ちましたか?