ナレッジ

相互協議(MAP)に関する新規定240/PMK.03/2014

Tax Alert:2015年1月号/インドネシア

インドネシア財務省は2014年12月22日付で相互協議(MAP)の導入に関して既存の規定のアップデートとなる財務省令240号(PMK-240)を発行した。この新規定は2014年12月22日より有効であり、当規定の発行前にMAPの申請が行われ、結論が出されていない手続中のものにも適用される。(Tax Alert:2015年1月号/インドネシア)

関連コンテンツ

インドネシア財務省は2014年12月22日付で相互協議(MAP)の導入に関して既存の規定のアップデートとなる財務省令240号(PMK-240)を発行した。
主な要点は以下のとおりである。

(1) MAPの申請期限
(2) 国内の税務係争手続の継続
(3) 誰がMAPの申請をできるか?
(4) インドネシア居住納税者がDGTを通じてMAPを申請
(5) DGTによるMAPの申請
(6) 条約相手国の税務当局によるMAPの申請
(7) MAPの手続
(8) MAP手続の却下または中止
(9) 相互協議の草案
(10) 情報秘匿

 

>> Click for English [New Regulation No. 240/PMK.03/2014]

(235KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?