ナレッジ

税務目的の資産再評価に関するインドネシア財務省令191号(191/PMK.010/2015)

Tax Alert:2015年11月号/インドネシア

インドネシア財務省は納税者に対する新しい税務優遇策として税務目的の固定資産の再評価に関する新しい規制を発行した。固定資産の再評価について、以前は財務省令79号(PMK79)によって規制されており、再評価による新たな価値の増加に対して10%のファイナルタックスが課せられていた。(Tax Alert:2015年11月号/インドネシア)

関連コンテンツ

今回の新しい税制により、2015年と2016年に固定資産の再評価に対する申請書を提出する納税者は、特別な税務措置、すなわちファイナルタックスの税率の減免を受けることとなる。税率の減免は納税者の固定資産の再評価に対する申請時期によって異なっている。

新しい規制については、帳簿管理をしている会社および個人の納税者、さらに恒久的施設を有する者(Permanent Establishments)も申請することができ、またUSDで記帳し過去5年以内に以前のPMK79で資産を再評価している納税者も含まれている。今回の特別な税務措置は州の税務収入の獲得促進を目的としていることから、税務署への申請書の提出前に当該資産の再評価による法人税の支払をすることが要求されている。

 

>> Click for English [Indonesia: Minister of Finance Regulation number 191/PMK.010/2015 Revaluation of Assets for Fiscal Purposes which is applied in 2015 and 2016]

(189KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?