ナレッジ

インドネシアの新課税政策:過少資本税制

Tax Alert:2015年9月号/インドネシア

急増する国外借入を抑え、関連者からの過大な借入を防止するために、インドネシア財務大臣は2015年9月9日に過少資本税制を再導入した。過少資本とは企業が資本に比べて比較的高い債務を有している状況を指している。当該規定「課税所得算定目的の企業の負債資本比率 “Determination of Company’s Debt and Equity Ratio for Income Tax Calculation Purpose” 」は財務大臣規則(PMK-169)にて定められた。(Tax Alert:2015年9月号/インドネシア)

関連コンテンツ

2015年9月9日付で有効となったPMK-169では関連者の範囲や負債と資本の定義、DERの上限、その他の遵守事項に関するガイダンスを提供している。
PMK-169の要点を以下のトピックに分けて説明する。

(1) 負債資本比率4:1
(2) 負債と資本の定義および計算
(3) 当該規定の例外
(4) 借入コストの影響
(5) 報告対象となる国外民間債務
(6) 結論

 

>> Click for English [Indonesia’s new armour – Thin Capitalization Rules]

(213KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?