ナレッジ

BEPS行動計画7 : OECDが恒久的施設(PE)の定義に関するディスカッションドラフトの改訂版を公表

Tax Analysis:2015年7月14日号/中国

2015年5月15日、税源浸食と利益移転(BEPS)プロジェクトの一環として、経済協力開発機構(OECD)は BEPS行動計画7に関するディスカッションドラフトの改訂版を公表した。(Tax Analysis:2015年7月14日号/中国)

関連コンテンツ

行動計画7は、特にコミッショネア(問屋)の取決めと特定の活動に係る例外の適用を通じた、経営活動に対する徴税権の国家間での配分に係るルールの濫用を防止するために、OECDモデル租税条約の第5条における恒久的施設(PE)の定義を変更しようとするものである。OECDはまた、デジタルエコノミーに関するBEPS行動計画1の成果に則して、クロスボーダーの電子商取引に係るPEの概念についても変更することを検討している。

本ニュースレターでは以下のトピックに分けて解説する。

(1) モデル租税条約第5条の改正に関する提言
(2) PEへの所得の帰属と移転価格にかかわる行動計画との相互の影響
(3) デロイトのコメント

 

>> Click for English [BEPS Action 7: OECD Releases Revised Discussion Draft on Definition of Permanent Establishment]

(279KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

中国税務室は、各社の中国事業に関わるさまざまな税務問題に関して、デロイト中国との緊密な連携のもとで、アドバイス業務をはじめとする各々のニーズに合わせたサービスを提供することにより、その中国事業を日中双方向からサポートします。

お役に立ちましたか?