ナレッジ

BEPS行動7:恒久的施設(PE)認定の人為的回避の防止

Tax Analysis:2015年10月15日号/中国

2015年の成果物の一つとして、OECDは恒久的施設(PE)認定の人為的回避の防止(行動7)に関する最終報告書を公表した。これには、モデル租税条約の改正案が含まれている。(Tax Analysis:2015年10月15日号/中国)

関連コンテンツ

報告書の内容は、G20/OECDが2014年10月と2015年5月に公表したディスカッションドラフトの提言に基づくものであり、OECDモデル租税条約の第5条におけるPE(納税主体)の定義と、そのコメンタリーが更新される。

本ニュースレターでは、以下のトピックに分けて解説する。

  1. OECDモデル租税条約第5条の改正案
  2. PEへの所得の帰属と移転価格にかかわる行動計画との相互の影響
  3. デロイトのコメントおよび今後の作業

 

>> Click for English [BEPS action 7: Preventing the artificial avoidance of PE status]

(362KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

中国税務室は、各社の中国事業に関わるさまざまな税務問題に関して、デロイト中国との緊密な連携のもとで、アドバイス業務をはじめとする各々のニーズに合わせたサービスを提供することにより、その中国事業を日中双方向からサポートします。

経済の国際化に伴い国外関連者との取引はますます複雑となり、その内容も有形資産から無形資産やサービス取引へと拡大しています。また「移転価格税制」が全世界的に適用強化の傾向にある中で、デロイト トーマツ グループは企業が海外ビジネス戦略の目的を遂行しつつ、各国の移転価格税制を遵守し、移転価格更正リスクや対応コストを低減するためのコンサルティングサービスを提供します。

お役に立ちましたか?