ナレッジ

ハイテク企業に対する重点検査結果の公表

Tax Analysis:2015年11月16日号/中国

中国の科学技術部、財政部、国家税務総局は先頃、2014年に北京、遼寧、浙江、安徽、山東、湖北、陝西、深圳の8省市において実施したハイテク企業認定管理業務に係る重点検査の関連状況と処理意見について説明、通告した国科発火[2015]299号通達を公布した。(Tax Analysis:2015年11月16日号/中国)

関連コンテンツ

重点検査の対象となった1723社の企業のうち、166社に問題が存在し、そのうちの42社はハイテク企業資格を取り消された。今回の検査で発覚した問題は、ハイテク企業資格の申請を予定している企業、およびハイテク企業向けの優遇政策の適用を現在受けている企業にとって、留意すべきものといえる。

本ニュースレターでは以下のトピックに分けて解説する。

(1) 背景
(2) 検査の概況
(3) デロイトのコメント 
(4) デロイトのアドバイス

 

>> Click for English [Results of High and New Technology Enterprise Status Verification Announced]

(234KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

中国税務室は、各社の中国事業に関わるさまざまな税務問題に関して、デロイト中国との緊密な連携のもとで、アドバイス業務をはじめとする各々のニーズに合わせたサービスを提供することにより、その中国事業を日中双方向からサポートします。

お役に立ちましたか?