ナレッジ

BEPS行動計画13:国別報告書に係る実施パッケージ

Tax Analysis:2015年6月26日号/中国

経済協力開発機構(OECD)は2015年6月8日に、G20/OECDの進める税源浸食と利益移転(BEPS)プロジェクトの一環として、行動計画13の国別報告書(CbCリポート)に係る実施パッケージを公表した。(Tax Analysis:2015年6月26日号/中国)

関連コンテンツ

これは、OECDが以前に公表した2つの報告書、すなわち、(i) 税務当局に報告する国別情報の共通テンプレートを含む、三層構造の移転価格文書のグローバルスタンダードに関する合意(2014年9月公表)、(ii) 導入時期、“大型”企業への適用および提出のメカニズムを含む、CbCリポートの実施に関する指針(2015年2月公表)、を踏襲するものである。今回公表された実施パッケージでは、各国政府が新しい規則を採用する際に使用できるモデル法令と、CbCリポートの共有メカニズムを実行するための権限ある当局間の協定について概説している。

 

>> Click for English [BEPS Action 13: Country-by-country Reporting Implementation Package]

(261KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

中国税務室は、各社の中国事業に関わるさまざまな税務問題に関して、デロイト中国との緊密な連携のもとで、アドバイス業務をはじめとする各々のニーズに合わせたサービスを提供することにより、その中国事業を日中双方向からサポートします。

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

経済の国際化に伴い国外関連者との取引はますます複雑となり、その内容も有形資産から無形資産やサービス取引へと拡大しています。また「移転価格税制」が全世界的に適用強化の傾向にある中で、デロイト トーマツ グループは企業が海外ビジネス戦略の目的を遂行しつつ、各国の移転価格税制を遵守し、移転価格更正リスクや対応コストを低減するためのコンサルティングサービスを提供します。

お役に立ちましたか?