ナレッジ

BEPS行動計画8、9、10: 移転価格アップデート

Tax Analysis:2015年7月27日号/中国

2015年7月7日、税源浸食と利益移転(BEPS)プロジェクトの一環として、経済協力開発機構(OECD)は無形資産、リスクと資本、およびその他の高リスクの取引に関する行動計画8、9、10についてのアップデート情報を提供した。これらの行動計画の目的は、移転価格ルールと独立取引の原則(arm’s length principle)によって、収益と価値の創造とが適切に対応するようにすることにある。(Tax Analysis:2015年7月27日号/中国)

関連コンテンツ

アップデート情報は、OECDの事務局がパブリックコンサルテーションの会議において提供したものである。これはG20/OECD加盟国の一致した見解を示すものではなく、企業がBEPSプロジェクトの作業を最終化するためのプロセスを理解できるようにすること、かつリスクにかかわる移転価格等の重要な事項について方向性を示すことを意図したものである。

本ニュースレターでは以下のトピックに分けて解説する。

(1) デロイトのコメント
(2) 移転価格ガイドラインの改訂
(3) リスク
(4) キャッシュボックス
(5) 正確に説明された取引の認識
(6) 無形資産
(7) 利益分割法
(8) 紛争解決
(9) スケジュール
(10) 中国の動向

 

>> Click for English [BEPS Actions 8, 9 and 10: Transfer Pricing Update]

(269KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

中国税務室は、各社の中国事業に関わるさまざまな税務問題に関して、デロイト中国との緊密な連携のもとで、アドバイス業務をはじめとする各々のニーズに合わせたサービスを提供することにより、その中国事業を日中双方向からサポートします。

お役に立ちましたか?