ナレッジ

注目される中国個人所得税改革:専門付加控除項目弁法に対する意見募集

Tax Analysis:2018年12月号/中国

2018年10月20日、「個人所得税専門付加控除項目に関する暫定弁法(意見募集草案)」が公布され、パブリックコメントが募集されている。パブリックコメントの募集締め切り日は2018年11月4日である。

新に改訂された「中華人民共和国個人所得税法」では、2019年より居住者個人が総合所得に関する課税所得を計算する際、子女教育費、継続教育費、重大疾病医療費、住宅ローンの利子費用若しくは住宅家賃、老人扶養費用の六つの専門付加控除項目を適用することができる。したがって、この専門付加控除に関する実施細則は、広く注目を集めている。

本ニュースレターは以下のトピックにわけて、この意見募集草案に関する要点の紹介及び解説を行う。

1. 意見募集草案の主な内容

(1) 基本原則

(2) 具体的な規定

(3) 徴収管理

(4) 外国籍個人に関する特別規定

2. デロイトの見解及びアドバイス

(1) 納税者

(2) 中国在住の外国籍個人

(3) 源泉徴収義務者(雇用主)

* 関連内容は「注目される中国個人所得税改革」シリーズのタックス・アナリシス(2018年7月3日及び9月3日に個別に発布)をご参照のこと: 2018年7月3日(デロイト中国Tax Analysis(中国語、PDF)) 、2018年9月3日(デロイト中国Tax Analysis(中国語、PDF))

(331KB, PDF)

※本記事は、掲載日時点で有効な日本国あるいは当該国の税法令等に基づくものです。掲載日以降に法令等が変更される可能性がありますが、これに対応して本記事が更新されるものではない点につきご留意ください。

お役に立ちましたか?