ナレッジ

中国税関総署による2017年版「HS品目表」改正リストの公布

Tax Analysis:2017年1月号/中国

中国税関総署は2016年9月2日に2017年版「商品の名称及び分類についての統一システムに関する国際条約」(HS条約)におけるHS品目表改正リストの中国語版を公布した(税関総署公告2016年第48号 )。当該改正リストは2017年1月1日から発効する。(Tax Analysis:2017年1月号/中国)

(1) 背景

HS品目表は世界税関機構(WCO)によって制定された貿易取引ツールであり、「国際貿易の世界共通言語」として知られている。現在、200以上の国・地域および経済連合がHS品目表を使用しており、世界の貿易の98%以上はHS品目表に基づく品目分類が行われている。

(2) 2017年版HS品目表における主な変更点

2017年版HS品目表は2012年版と比べて、計242箇所の改正が行われており、農産品、化学品、機械・電器製品、交通工具等の分野をカバーしている。

(3) 潜在的な影響

2017年版HS品目表の施行に伴い、輸出入企業は品目分類、税負担、貿易管理、コンプライアンス等の面で影響を受けることが予想される。

(4) デロイト中国のコメント

HS品目表は5年ごとに見直されるため、今回の改正は、将来の長い期間において、企業に持続的な影響を与えることが予想される。改正リストに記載された商品を取り扱う企業は、今回の改正に細心の注意を払い、潜在的な影響を評価するとともに、速やかに対応する必要がある。

 

>> Click for English [GAC Issues 2017 Edition of Harmonized System Nomenclature]

(224KB, PDF)
お役に立ちましたか?