ナレッジ

中国が「BEPSを防止するための租税条約関連措置を実施するための多数国間条約」に署名

Tax Analysis:2017年11月号/中国

本ニュースレターでは、2017年6月7日に中国を含む世界68カ国・地域の代表が署名式に参加・署名した、経済協力開発機構(OECD)による「税源浸食及び利益移転(BEPS)を防止するための租税条約関連措置を実施するための多数国間条約」(Multilateral Convention to Implement Tax Treaty Related Measures to Prevent BEPS:MLI)」について、3つのトピックに分けて解説する。(Tax Analysis:2017年11月号/中国)

2017年末までにさらに多くの国々がMLI*に署名することが期待されており、また、二国間租税条約に対する最初の改正は、2018年初頭に発効する予定である。OECDの推定によれば、将来、1,100以上の租税条約がMLIから影響を受けることになる。特筆すべき点は、中国にとって最大の貿易相手国である米国が今回の署名式に参加しておらず、MLIに署名する意向も示さなかった点である。

英語版(OECDウェブサイト(英語、PDF))・中国版(中国国家税務総局ウェブサイト(中国語、PDF))

本ニュースレターでは、以下のトピックに分けて解説する。

1. MLIの概要
2. 中国の立場
3. デロイトの考察とコメント

(253KB, PDF)
お役に立ちましたか?