ナレッジ

中華人民共和国:金税三期システムの運用開始が個人所得税の申告および管理に与える影響

Global Newsflash:2016年8月30日号/中国

2016年末までに全国で実施することが予定されている重要なプロジェクトである金税三期システムの運用開始は、中国における今後の個人所得税申告に大きな影響を与えると考えられる。(Global Newsflash:2016年8月30日号/中国)

関連コンテンツ

“金税システム”は12の情報管理システムの一つとして、1990年代に中国政府が開発した電子徴税管理システムである。金税一期および金税二期のシステムでは、主に増値税のコンプライアンス管理、特にインボイス(発票)の使用と偽造防止等のために情報技術が用いられた。金税三期システムはより洗練された機能を有する、すべての業界、税種の統合的な管理と、特に個人所得税の徴税管理の強化を目指したものである。

本ニュースレターでは、中国の金税三期システムによる主な影響について解説する。

 

>> Click for English [People’s Republic of China - Implications of Golden Tax System III on individual income tax reporting and administration]

(186KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

中国税務室は、各社の中国事業に関わるさまざまな税務問題に関して、デロイト中国との緊密な連携のもとで、アドバイス業務をはじめとする各々のニーズに合わせたサービスを提供することにより、その中国事業を日中双方向からサポートします。

グローバル エンプロイヤー サービス(GES: Global Employer Services)は、世界100カ国超にモビリティ(税務、人事、およびIT)の専門家を約4,000人有する組織です。国際人事・税務における豊富な知識と経験を基に、グローバルタレントモビリティ、グローバルリスク管理、グローバル運用体制構築、グローバル報酬体系等、企業の国際化を包括的にサポートします。

お役に立ちましたか?