ナレッジ

犯罪行為に対する歳入法の規定の改定 ほか

Tax & Legal Newsletter:April 2015/タイ

「学習塾に対する租税措置」、「国際統括本部および国際貿易センターに対する租税措置の承認」、「犯罪行為に対する歳入法の規定の改定」、「最高裁判所の判決:国際運輸業に適用される付加価値税 (VAT) 0% 税率、普通株式を購入するための新株引受権に係る所得」について解説する。(Tax & Legal Newsletter:April 2015/タイ)

関連コンテンツ

主な内容

  • 学習塾に対する租税措置
  • 国際統括本部および国際貿易センターに対する租税措置の承認
  • 犯罪行為に対する歳入法の規定の改定
  • 最高裁判所の判決
    - 国際運輸業に適用される付加価値税 (VAT) 0% 税率
    - 普通株式を購入するための新株引受権に係る所得


※本ニュースレターの原文はこちらをご覧ください。

(724KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?