ナレッジ

費用分担契約に関する新規定の公布

Tax Newsflash:2015年8月13日号/中国

最近、中国の国家税務総局は費用分担契約(CSA)の管理に関する新しい規定を公布した。この新しい規定によれば、CSAを締結する中国の納税者は、CSAを締結した日から30日以内に、所轄税務機関にCSAの副本を提出しなければならない。(Tax Newsflash:2015年8月13日号/中国)

関連コンテンツ

2015年5月14日に、国務院は「非行政許可審査承認事項の取消しに関する決定」(国発[2015]27号、以下「27号通達」)を公布した。当該通達の公布前に審査承認手続の取消しが決定された事項に加えて、27号通達ではさらに、CSAを含む49項目の事項に関する審査承認手続の取消しが決定された。

27号通達による決定を受けて、国家税務総局は2015年6月16日に、CSAの管理に係る「費用分担契約の管理の規範化に関する公告」(国家税務総局公告2015年第45号、以下「45号公告」)を公布した。当該公告は2015年7月16日から施行された。

本ニュースレターでは、主な変更点について解説する。

 

>> Click for English [China Issues Regulations on Cost Sharing Agreements]

(286KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

中国税務室は、各社の中国事業に関わるさまざまな税務問題に関して、デロイト中国との緊密な連携のもとで、アドバイス業務をはじめとする各々のニーズに合わせたサービスを提供することにより、その中国事業を日中双方向からサポートします。

お役に立ちましたか?