ナレッジ

研究開発費用の追加控除政策の適用範囲の拡大

Tax Newsflash:2015年11月13日号/中国

中国の財政部、国家税務総局および科学技術部は11月3日に財税[2015]119号の通達(119号通達)を公布した。これは、企業の研究開発活動をさらに奨励するために、課税所得の計算において、実際発生額に加えて追加で控除できる研究開発費用の範囲を拡大するとともに、関連事項の整備を図ったものである。(Tax Newsflash:2015年11月13日号/中国)

関連コンテンツ

119号通達は2016年1月1日から施行される。

本ニュースレターでは以下のトピックに分けて解説する。

(1) 政策の背景
(2) 主な変更点
(3) デロイトのコメント

 

>> Click for English [China Enhanced Super Deduction for R&D Expenses]

(257KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

中国税務室は、各社の中国事業に関わるさまざまな税務問題に関して、デロイト中国との緊密な連携のもとで、アドバイス業務をはじめとする各々のニーズに合わせたサービスを提供することにより、その中国事業を日中双方向からサポートします。

お役に立ちましたか?