ナレッジ

中国税関が“自主開示”制度の適用範囲を全国に拡大

Tax Newsflash:2015年7月16日号/中国

中国の税関総署は、いくつかの直属税関で試験的に実施されている“自主開示”制度(Voluntary Disclosure Program(VDP))の適用範囲を全国に拡大することを検討しており、2016年中に全国で適用される当該制度の指針を公布する可能性がある。(Tax Newsflash:2015年7月16日号/中国)

関連コンテンツ

2015年6月19日に、デロイトは上海において、税関の“自主開示”制度に関するラウンドテーブル ディスカッションを開催した。この会議において、上海税関調査処の姚衛東処長は、中国の税関は現在、正式な“自主開示”制度の導入について検討していることを紹介し、現時点での進捗状況を参加企業に語った。

本ニュースレターでは以下のトピックに分けて解説する。

(1) 試験の現状
(2) 適用範囲の全国への拡大
(3) 制度の今後の見通し

 

>> Click for English [China Customs May Expand Voluntary Disclosure Program Nationwide]

(246KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

中国税務室は、各社の中国事業に関わるさまざまな税務問題に関して、デロイト中国との緊密な連携のもとで、アドバイス業務をはじめとする各々のニーズに合わせたサービスを提供することにより、その中国事業を日中双方向からサポートします。

お役に立ちましたか?