ナレッジ

税関事前教示制度に関する実施ガイダンスの公布

Tax Newsflash:2018年4月号/中国

2018年1月31日、中国税関総署は2月1日から施行される税関事前教示制度の実施ガイダンスとして、「《中華人民共和国税関事前教示管理暫定弁法》の実施に関する事項についての公告」(税関総署公告2018年第14号、以下「14号公告」)を公布した。14号公告の規定により、税関は事前教示制度の施行日(すなわち2月1日)から、従来の「3つの仮審査」(すなわち原産地の仮認定、価格の仮審査、貨物の仮分類)に関する申請の受理を取りやめる。これは、「3つの仮審査」制度の正式な廃止を意味するものである。

2017年年末に、税関総署は「中華人民共和国税関事前教示管理暫定弁法」(税関総署第236号令(中国語)、以下「暫定弁法」又は「第236号令」)を公布し、2018年2月1日から税関事前教示制度を正式に施行することを明らかにした(デロイトTax Newsflash(中国語)を参照のこと)。今回公布された14号公告は、「暫定弁法」の関連規定に対して、細部の明確化と補充規定を行う上で、関連の手続書類を統一化・規範化するものである。本ニュースレターでは、以下のトピックに分けて解説する。

1. ハイライト

(1) 事前教示の申請者

(2) 貨物の輸出入予定日から3カ月以内の事前教示申請が容認される特殊な状況

(3) 事前教示申請書

(4) 申請の提出ルート

(5) 事前教示回答書

(6) 事前教示回答書の開示

(7) 事前教示回答書の使用

(8) 原産地関係の事前教示に関する特別規定

2. デロイトのコメント
(247KB, PDF)
お役に立ちましたか?