ナレッジ

米国401K年金を一時金で受け取る場合の課税関係

『国税速報』平成27年8月3日号

米国の401K年金は、日本では不適格退職年金として、掛金拠出時に給与課税が行われ、年金受給時には生命保険年金等に係る一時金などと同様に一時所得として課税されます。(『国税速報』平成27年8月3日号)

関連コンテンツ

【疑問相談】所得税

「米国401K年金を一時金で受け取る場合の課税関係」

Question:
私は、過去に米国での勤務経験があり、その間米国の年金プラン(401Kプランに該当)に加入し、自ら積立てを行うとともに、事業主も掛金を拠出していました。その後、日本に帰国し日本の企業で勤務していますが、今年の10月にこのプランに基づく年金の受給資格が生じることになり、この年金を一時金で受給することを検討しています。
この401K年金を一時金で受給した場合の課税関係はどのようになりますか?
なお、私は日本国籍を有しており、他の国の国籍は有していません。

Answer:
添付PDFをご覧ください。

(243KB, PDF)

関連サービス

海外拠点を多く持つ日本企業に対して、税務アドバイザーのグローバルネットワークを生かし、海外勤務者を取り巻く最適な税務マネジメントを提供します。

お役に立ちましたか?