ナレッジ

M&A税務用語集

M&A税務に関連した用語を日本語と英語で分かりやすく解説します。各用語をクリックすると日本語または英語の解説ページが開きます。

か行

完全支配関係

完全支配関係とは、一の者が法人の発行済株式もしくは出資(自己の株式または出資を除く)の全部を直接もしくは間接に保有する関係で一定のもの(当事者間の完全支配関係)または一の者との間に当事者間の完全支配関係がある法人相互の関係をいう。
 

繰越欠損金NOLs

欠損金とは、各事業年度の所得の金額の計算上、損金の合計額が益金の合計額を超える場合におけるその超える部分の金額をいう。青色申告書を提出している内国法人については、これを「繰越欠損金」として繰り越した上で、翌事業年度以後の各事業年度における課税所得の金額の計算において、一定の金額を限度として、損金の額に算入することが認められている。

さ行

三角合併Triangular Merger

三角合併とは、吸収合併の際に合併法人(存続法人)が合併の対価として合併法人の株式ではなく、合併法人の親会社の株式を被合併法人(消滅法人)の株主に対して交付して行う合併をいう。


支配関係Controlling Relationship

支配関係とは、一の者が法人の発行済株式もしくは出資(自己の株式または出資を除く)の総数もしくは総額の50/100を超える数もしくは金額の株式もしくは出資を直接もしくは間接に保有する関係で一定のもの(当事者間の支配関係)または一の者との間に当事者間の支配関係がある法人相互の関係をいう。


スピンオフ(Spin-off)Spin-off

スピンオフとは、異なる分野の事業を営む企業が特定事業を切り出すことにより設立した新設子会社の株式または既存子会社の株式を分割または現物分配等により株主の持分割合に応じて分配する組織再編成の一手法である。

た行

適格合併Tax Qualified Merger

適格合併とは、次の(1)から(3)のいずれかに該当する合併で、被合併法人(消滅法人)の株主に合併法人(存続法人)の株式等以外の資産が交付されないものをいう。
(1) 完全支配関係(100%の資本関係)がある法人間の合併
(2) 支配関係(50%超の資本関係)がある法人間の合併
(3) 共同事業を目的とした合併


適格株式移転

適格株式移転とは、次のいずれかに該当する株式移転で、株式移転完全子法人の株主に株式移転完全親法人の株式等以外の資産が交付されないものをいう。
(1)完全支配関係(100%の資本関係)がある法人間の株式移転
(2)支配関係(50%超の資本関係)がある法人間の株式移転
(3)共同事業を目的とした株式移転


適格株式交換Tax Qualified Share Exchange

適格株式交換とは、次のいずれかに該当する株式交換で、株式交換完全子法人の株主に株式交換完全親法人の株式等以外の資産が交付されないものをいう。
(1)完全支配関係(100%の資本関係)がある法人間の株式交換
(2)支配関係(50%超の資本関係)がある法人間の株式交換
(3)共同事業を目的とした株式交換


適格現物出資Tax Qualified Investment in kind

適格現物出資とは、次の(1)から(3)のいずれかに該当する現物出資で、現物出資法人に被現物出資法人の株式のみが交付されるものをいう。
(1)完全支配関係(100%の資本関係)がある法人間の現物出資
(2)支配関係(50%超の資本関係)がある法人間の現物出資
(3)共同事業を目的とした現物出資


特定資産譲渡等損失

支配関係のあるグループ会社間で適格組織再編等が行われた場合、特定資産に関して一定期間内に生じた譲渡、評価換え、貸倒れ、除却その他の事由による損失は一定の要件を満たさない限り損金不算入とされる。

ま行

無対価合併No Consideration Merger

無対価合併とは、吸収合併の際に被合併法人(消滅法人)の株主に対して合併法人(存続法人)が合併の対価を交付しない合併をいう。

A~Z

DESDES

DESとは”Debt Equity Swap”の略称であり、債権者が債務者に対して有する債権を債務者が発行する株式に振り替えることを指す。

お役に立ちましたか?