ナレッジ

国内課税関係 ― 完全支配・支配関係、グループ法人税制、受取配当等の益金不算入

中央経済社『税務弘報』 2015年5月号

平成27年度税制改正により受取配当等の益金不算入の見直しが行われ、それまで100%益金不算入とされていた出資先からの配当が50%の益金不算入となる例がある。具体的には出資割合30%で持分法を適用していた関連会社からの配当は、この事例にあたる。これまで非課税と考えていた出資先からの配当の50%が課税されるということを契機に資本関係を見直す企業も出てくることが想像される。(『税務弘報』2015年5月号)

関連コンテンツ

ESSENCE

平成27年度税制改正により受取配当等の益金不算入の見直しが行われ、それまで100%益金不算入とされていた出資先からの配当が50%の益金不算入となる例がある。
具体的には出資割合30%で持分法を適用していた関連会社からの配当は、この事例にあたる。
これまで非課税と考えていた出資先からの配当の50%が課税されるということを契機に資本関係を見直す企業も出てくることが想像される。
本稿では、法人税法上、保有割合を基準とする制度をまとめ、保有割合を見直す場合に考慮すべき各規定を確認する。

(457KB, PDF)
お役に立ちましたか?