ナレッジ

不服申立ての審理期間と再調査の請求又は審査請求の選択

『国税速報』平成30年12月10日号

税務署長等がした処分に対しては、その処分をした税務署長等に対する「再調査の請求」と国税不服審判所長に対する「審査請求」のいずれかを選択することができます(通法75①一)。

【疑問相談】国税通則法

「不服申立ての審理期間と再調査の請求又は審査請求の選択」

Question:
当社は、所轄税務署長から、税務調査の結果に基づき更正処分等を受けました。

非違の内容は、一般的な国内取引に係る法令解釈です。

当社は、この更正処分等を不服として、不服申立てをすることを考えていますが、係争が長期化することを懸念しています。

「再調査の請求」や「審査請求」の結果が判明するまでに、どのくらいの時間がかかるものなのでしょうか。また、「再調査の請求」を経てから「審査請求」をしたほうがよいのでしょうか。

Answer:
添付PDFをご覧ください。

 

※本記事は、一般財団法人大蔵財務協会の許可を得て当法人のウェブサイトに掲載したものにつき、無断転載を禁じます。

※本記事は、掲載日時点で有効な日本国あるいは当該国の税法令等に基づくものです。掲載日以降に法令等が変更される可能性がありますが、これに対応して本記事が更新されるものではない点につきご留意ください。

(606KB, PDF)
お役に立ちましたか?