ナレッジ

不服申立ての対象となる処分等

『国税速報』平成30年9月3日号

国税に関する法律に基づく処分に不服がある場合には、不服申立てをすることができます(通法75)。

【疑問相談】国税通則法

「不服申立ての対象となる処分等」

Question:
私は、A税務署の担当職員から電話で、所得税の申告をする必要がある旨の説明を受け、期限後ではありましたが、延滞税の増加を止めるために急いで所得税の確定申告書を提出しました。

その後、A税務署長から、無申告加算税の賦課決定処分を受けたほか、延滞税のお知らせが届きましたが、専門書を読んで調べた限りでは、本来、申告の必要はなかったと考えています。

私のした申告は錯誤により無効であり、無申告加算税の賦課決定処分及び延滞税のお知らせは取り消されるべきであると考えていますが、不服申立て(審査請求)をすることは可能でしょうか?

Answer:
添付PDFをご覧ください。

 

※本記事は、一般財団法人大蔵財務協会の許可を得て当法人のウェブサイトに掲載したものにつき、無断転載を禁じます。

※本記事は、掲載日時点で有効な日本国あるいは当該国の税法令等に基づくものです。掲載日以降に法令等が変更される可能性がありますが、これに対応して本記事が更新されるものではない点につきご留意ください。

(704KB, PDF)
お役に立ちましたか?