ナレッジ

海外の税務係争解決の最新動向

Tax Controversy Newsletter:2018年4月号

特にアジア・パシフィック地域においては、国によって、税務係争の実態が大きく異なる。実際には、法令や判例とは離れた税務執行が行われることがあり、その国の実情に合わせて税務処理をせざるを得ない場合もある。もっとも、税務調査のプロセスをより透明化し、株主その他の関係者への説明責任を果たす観点からは、まずは、納税者が自らの税務ポジションの合理性を法令や判例に照らして検証し、それを出発点として税務係争をマネジメントすることが求められている。

本ニュースレターでは、国によって実態が大きく異なる税務係争の環境・リスクマネジメントについて、以下3つのトピックに分けて解説する。

  1. これからのアジア・パシフィック地域における税務係争の環境
  2. インド・インドネシア・中国における税務訴訟の件数と納税者勝訴率
  3. 海外における税務係争リスクのマネジメント
(226KB, PDF)
お役に立ちましたか?