ナレッジ

最近の税務判例の傾向と対策~移転価格税制における独立企業間価格の合理性~

Tax Controversy Newsletter:2018年2月号

移転価格税制とは、内国法人が、外国の子会社などの関連者(国外関連者)との間で、資産の販売や購入、役務の提供その他の取引(国外関連取引)を行った場合に、その取引が、独立企業間価格で行われたものとみなして、法人税を課す制度をいう。ここに、独立企業間価格とは、その取引が、独立の企業の間(非関連者間)で、同様の状況の下で行われた場合に、成立するであろう価格をいう。

本ニュースレターでは、これまでの移転価格税制に関する判例・裁決例において主な争点となっている、独立企業間価格の合理性を中心に取り上げる。

  1. 思わぬ課税リスクへの実務上の対策
  2. 独立企業間価格の算定方法
  3. 独立価格比準法に関する判例・裁決例
  4. 再販売価格基準法に関する判例・裁決例
  5. 原価基準法に関する判例・裁決例
  6. 利益分割法に関する判例・裁決例
  7. 取引単位営業利益法に関する判例・裁決例
  8. おわりに:推定課税のリスク

*本ニュースレターは、Tax Controversy Newsletter 2017年12月号に、東京地判平成29年11月24日(判例10)のポイントを織り込んでアップデートしたものである。

(290KB, PDF)
お役に立ちましたか?