ナレッジ

再調査の請求~税務係争解決の実務解説①~

Tax Controversy Newsletter:2018年3月号

税務署長等が行った更正処分等に不服がある者は、その更正処分等を行った税務署長等に対して「再調査の請求」をすることができる。税務署長等との間で見解の相違があっても、納税者が税務調査の結果を受け入れて修正申告に応じるケースも少なくないが、国税通則法は、「税務調査(→再調査の請求)→審査請求→訴訟」の一連の流れの中で、納税者と税務署長等との間の争いが解決されることを予定している。

本ニュースレターでは、更正処分等を行った税務署長等に対して、不服がある者が行える「再調査の請求」について8つのトピックに分けて解説する。

  1. はじめに
  2. 不服申立手続等
  3. 再調査審理庁
  4. 再調査の請求
  5. 決定の手続等
  6. 再調査決定
  7. 代理人
  8. おわりに
(728KB, PDF)
お役に立ちましたか?