ナレッジ

Dbriefs Webcast「BEPS:移転価格文書化新規定の概要および日本企業の課題・対策」

アーカイブ/2015年2月26日配信分

2015年2月6日に公表された「移転価格文書化および国別報告書の実施に関する指針」の最新情報含め、行動13の概要および多国籍企業に与える影響、そして今後各企業が取り組むべき課題と対策について解説を行います。

関連コンテンツ

BEPS:移転価格文書化新規定の概要および日本企業の課題・対策

配信日: 2015年2月26日
司会進行: 田中 奈名子
講師: マイケル タバート澤田 純

2014年9月16日、BEPS行動13成果物として移転価格文書化新規定が公表され、多国籍企業は今後新規定に基づく移転価格文書の作成が要請されることになりました。
そして、2015年2月6日、産業界からも強く待ち望まれていた「移転価格文書化および国別報告書の実施に関する指針」が公表されました。これをもって、世界各国での国内法整備の動きは確実に加速すると考えられます。
今回新たに公表された指針に関する最新情報を含め、行動13の概要および多国籍企業に与える影響、そして今後各企業が取り組むべき課題と対策について解説を行います。

  • 新たな移転価格文書化規定の概要
  • 最新情報アップデート(2015年2月公表「実施に関する指針」の解説を中心に)
  • 多国籍企業が取り組むべき課題と対応策、等
     

>> このWebcastの視聴は終了いたしました

※視聴期限: 2015年8月26日

お役に立ちましたか?