ナレッジ

OECD国別報告書の実施に関する指針を公表

Deloitte TP Alert:2015年2月号

OECDは、2月6日、「移転価格文書化および国別報告書の実施に関する指針」を公表した。強く待ち望まれていた指針により、CBCレポートの作成および提出時期、提出義務対象企業、税務管轄地による利用、および、政府間情報交換メカニズムに関する納税者の疑問に対する回答が提示された。(Deloitte TP Alert:2015年2月号)

関連コンテンツ

経済協力開発機構(OECD)は、2月6日、「Guidance on the Implementation of Transfer Pricing Documentation and Country-by-Country Reporting(移転価格文書化および国別報告書の実施に関する指針)」を公表した。強く待ち望まれていた指針により、Country-by-Country Report(国別報告書:以下「CBCレポート」)の作成および提出時期、CBCレポート提出義務対象企業、税務管轄地によるCBCレポートの利用、および、CBCレポートの政府間情報交換メカニズムに関する納税者の疑問に対する回答が提示された。

本指針では、連結グループ年間売上高が7億5,000万ユーロ以上の多国籍企業(以下「MNE」)に対してCBCレポートの提出が要請されている。OECDによると、当該基準によりMNEグループのおよそ85%から90%がCBCレポート提出義務対象から外れるが、それでもなお、法人売上全体のおよそ90%を占めるMNEグループはCBCレポート提出義務を負うとされている。

(171KB, PDF)
お役に立ちましたか?