ナレッジ

シンガポールにおける移転価格文書化義務の導入

『国税速報』平成27年6月15日号

2015年1月6日に、シンガポール内国歳入庁(IRAS)は新しい移転価格ガイドラインを公表しました(即日施行)。これにより、2006年に公表された移転価格ガイドラインが初めて改定されました。改定内容のうち1つだけ、ほとんどの日系企業に影響を及ぼすものがあり、それが移転価格文書化義務の導入です。(『国税速報』平成27年6月15日号)

関連コンテンツ

【疑問相談】国際課税

「シンガポールにおける移転価格文書化義務の導入」

Question:

今年からシンガポールで移転価格文書の作成が義務付けられたと聞きました。内国法人である当社はシンガポールに100%子会社Sを有していますが、S社は移転価格文書を作成する必要がありますでしょうか。
S社は当社から製品(年10億円)を仕入れてシンガポール国内の顧客に販売していますが、近年は中国メーカーとの価格競争が激しく営業赤字の状況です。S社はまた、東南アジア市場の調査等の対価として業務委託収入(年1億円)を当社から得ています。

Answer:

添付PDFをご覧ください。

(240KB, PDF)
お役に立ちましたか?