ナレッジ

従来の事例を交えて理解する「行動2(ハイブリッド・ミスマッチ)、行動6(条約の濫用)に係るMLI規定」

中央経済社『税務弘報』2019年2月号

課税所得を人為的に操作し、課税逃れを行うことを「税源浸食と利益移転」(BEPS:Base Erosion and Profit Shifting)という。このBEPS問題に各国で協調して対応するため、OECD租税委員会において、G20メンバー国との協働の下、「BEPSプロジェクト」の取組みが進められ、2015年10月5日に15の報告からなるBEPSパッケージが公表された。

本稿では、全体で15ある行動計画(Action Plans)のうち、行動2及び行動6にフォーカスし、BEPS防止措置実施条約における規定について、以下のトピックに分けて解説する。

Ⅰ 行動2:ハイブリッド・ミスマッチ・アレンジメントの無効化

1 ハイブリッド・ミスマッチ・アレンジメントとは

2 D/NI効果とは

3 DD効果とは

4. 間接的D/NI効果とは

5 無効化ルール

6 国内法への勧告

7 OECDモデル租税条約の改正

Ⅱ 行動6:租税条約の濫用防止

1 概要

2 行動6における勧告の内容

3 2018年度税制改正の内容

(966KB, PDF)

※本記事は、株式会社中央経済社の許可を得て当法人のウェブサイトに掲載したものにつき、無断転載を禁じます。

※本記事は、掲載日時点で有効な日本国あるいは当該国の税法令等に基づくものです。掲載日以降に法令等が変更される可能性がありますが、これに対応して本記事が更新されるものではない点につきご留意ください。

 

関連するサービス

お役に立ちましたか?