ナレッジ

BEPSプロジェクト最終報告書の概要と実務への影響
第5回『市場固有の特性、受動的関係と低付加価値グループ内役務提供に係る移転価格ルールの概要と実務への影響』

『税務通信』平成28年10月24日号

日本企業に影響が大きいと考えられる行動について 個別にQ&A 形式で解説いたします。

Questions

Q1 OECD 移転価格ガイドラインの改訂として検討されている,市場固有の特性(Location-Specific Advantages), 受動的関係(Passive Association)及び低付加価値グループ内役務提供(Low value-adding intra-group services)に係る移転価格ルールの概要,実務上のポイントを教えてください。

Q2 これらの移転価格ルールが日系企業に今後与え得る影響について教えてください。

PDF

こちらから記事の全文をダウンロードできます。

 

 

※転載禁止: 株式会社税務研究会の許可を得て掲載しています。

 

(754KB, PDF)

関連するサービス

お役に立ちましたか?