ナレッジ

BEPSプロジェクト最終報告書の概要と実務への影響
第4回『評価困難な無形資産と費用分担取極めの概要と実務への影響』

『税務通信』平成28年9月5日号

日本企業に影響が大きいと考えられる行動について 個別にQ&A 形式で解説いたします。

Questions

Q1 行動8(無形資産取引に係る移転価格ルール)において、「評価困難な無形資産」という新たな概念が示されたと聞いています。通常の無形資産と区別された背景やその内容について、実務上のポイントと併せて教えてください。

Q2 行動8ではCCA についても新たなガイダンスが示されているとのことですが、そもそもCCA とはどのようなものでしょうか。これまでの考え方と異なる部分や実務上の活用余地などと併せて教えてください。

 

PDF

こちらから記事の全文をダウンロードできます。

 

 

※転載禁止: 株式会社税務研究会の許可を得て掲載しています。

 

(786KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

経済の国際化に伴い国外関連者との取引はますます複雑となり、その内容も有形資産から無形資産やサービス取引へと拡大しています。また「移転価格税制」が全世界的に適用強化の傾向にある中で、デロイト トーマツ グループは企業が海外ビジネス戦略の目的を遂行しつつ、各国の移転価格税制を遵守し、移転価格更正リスクや対応コストを低減するためのコンサルティングサービスを提供します。

日本企業(親会社)が国外関連者に対して提供するグループ内役務提供(IGS)や無形資産の使用許諾の対価を適切に回収していない場合、親会社は大きな税務リスクを負うことになります。そこで、多国籍企業にとっては、取引実態の把握と対価回収方法の整備を行うことによって税務リスクを管理することが必要不可欠となります。デロイト トーマツ グループでは、無形資産・グループ内役務提供(IGS)に係る移転価格更正リスク低減をサポートします。

お役に立ちましたか?