セミナー

Dbriefs Webcast 「世界に広がるVATopia-インドGSTとアラブVAT導入-」

2017年8月30日配信分

本Webcastでは、2017年7月1日に導入されたインドGSTおよび2018年1月にVAT導入を目指している中東の国々と取引のある日本企業は、どんな対策を講じるべきか、現地の間接税専門家も交えて、インドGSTとアラブVATを分かりやすく説明します。

関連コンテンツ

世界に広がるVATopia-インドGSTとアラブVAT導入-

配信日時: 2017年8月30日(水) 12:00 ~ 13:00
司会進行: デロイト トーマツ税理士法人 パートナー 岡田 力
講師: デロイト トーマツ税理士法人 ディレクター 溝口 史子
Deloitte LLP International and M&A Tax マネジャー 森田 奈保

インドGST がついに7月1日に導入されました。長年検討されてきた大改正ですが、従来の複数の物品税等がGSTに吸収され、過渡期の混乱が予想されるとともに、どの程度の税務事務負担の軽減になるのかが疑問視されています。
他の日本企業はどんな対策を講じているのか?世紀の大改正の影響を探ります。
更に、中東の国々では2018年1月にVAT導入を目指しています。今までになかった付加価値税制が導入されることから、現地の法人および中東の企業と取引のある企業にとっては、その税制によるビジネスやシステムへの影響を事前に把握しておく必要があります。

本Webcastでは、現地の間接税専門家も交えて、インドGSTとアラブVATを分かりやすく説明します。

「世界に広がるVATopia 」の解説
  • 日本企業に関連するインドGST 税制の概要
  • 失敗しないためのインドGST 税制対策
  • 今後予想される動きと対応
  • アラブVAT税制の概要
  • 新税制によるビジネスやシステムへの影響

* トピックは変更になる可能性がありますので予めご了承ください。

 

>> アーカイブはこちら

※視聴期限:2018年2月28日
* はじめて視聴する方は、ユーザー登録が必要です。