サービス

RPA for Tax(税務業務へのRPA活用)

RPAが適用しやすい税務作業としては、法人税、消費税に限らず、法定調書、償却資産税、源泉徴収納付などがあります。これらをRPAにより自動化し、電子申告を組み合わせることにより、ほとんどを完全自動化することも可能です。

RPAとは

RPA(ロボティクス プロセス オートメーション)とは、企業の経理・税務部門等で実施されている定型業務・繰り返し業務を、人に代わって自動実行する概念であり、それを具体化したソフトウェアです。例えば、会計システムから経費明細データを出力、ワークペーパーで集計し、その結果を申告用ソフトウェアに入力するといったような定型的な業務を担当者に代わって実行することが可能です。

RPAのベネフィット

  • 正確性

ヒューマンエラーの減少により業務の正確性が向上します。また、作業ログを保存することでコントロールを高めることも可能です。

  • スピード

RPAは人間の5倍以上のスピードで作業を行うことができると言われています。また、従来のシステム導入のように数カ月単位ではなく、数週間単位で作業の自動化を実現することが可能です。

  • コスト

RPA導入にかかるコストと代替される業務にかかるコストを比較した場合、ケースバイケースですが、RPA導入の方がコスト優位性がある場合も多いでしょう。また、人間と異なり、24時間365日稼働させることができる点も大きな魅力です。

  • 高付加価値化

比較的単純な作業をRPAに行わせることにより、税務部門は、高付加価値業務の比重を高めることができます。結果として、会社への税務部門の貢献度は高まります。また、単純作業で時間がかかるものがRPAに置き換わることにより、働き方改革にもつながり、税務部員の業務に対する満足度も向上することが見込まれます。

RPAの税務業務への適用例

法人税・地方税、消費税申告等の税務コンプライアンス業務の多くは、「データ収集」「集計・加工」「申告書作成」「申告書提出」のプロセスから成り立ちます。これら一連の業務のうち、専門的判断を要しない業務について、RPAを適用することが可能です。

税務業務の大幅自動化へ

RPAが適用しやすい税務作業としては、法人税、消費税に限らず、法定調書、償却資産税、源泉徴収納付などがあります。これらをRPAにより自動化し、電子申告を組み合わせることにより、ほとんどを完全自動化することも可能です。
また、国税庁も税務行政のスマート化を目指して、効率化をはかり、重点課題に集中する体制を整え始めています。企業側においても、より高度な税務判断を行うための体制づくりへの早急な取組みが望まれます。