サービス

Global Mobility Risk Management(リスク管理)

各国の海外勤務者によって発生する税務リスク等を把握し、リスク軽減策を適用した運用モデルの強化が急務になっています。モビリティ業務を専門とするGlobal Employer Services(GES)では、さまざまな局面から海外勤務者に係る税務をサボートします。

海外拠点の税務リスクプロファイリング

急速に増えてきたモビリティは分岐点に近づいています。海外税務当局に追徴課税を受ける前に、海外勤務者全般(出張者を含めて)の地盤固めをする必要性が年々高まっています。不安を抱えているグローバル人事の方々から以下のような相談をよく受けます。

• 日本本社から現地でのコンプライアンス状況を把握する必要がある
• 
各国における所得税コンプライアンスの取扱いにばらつきがあると予想される
• 特に、自社内で赴任者税務について対応している国については、現地における源泉徴収義務、確定申告義務などの税務コンプライアンスリスクチェックを実施したい
• 
現地担当者の実務レベルの底上げ、あるいは、必要に応じて、適切なコンピテンシーを備えた担当者の選定も視野に入れる必要がある
• 
税務コンプライアンス順守、最適化を実現するための情報管理体制やプロセス構築について検討したい
• 
各国の税法改正等などの情報収集と社内での共有方法について検討が必要

GESのコンプライアンスヘルスチェックは上記の不安や現状を分析し、法令順守へのロードマップを実現します。 

コンプライアンスヘルスチェック – プロジェクトプラン

出張者海外勤務リスク管理サービス

事業ニーズに牽引され海外勤務者が増加する一方で、現地の税務当局は近年ますますコンプライアンスの強化を図っています。常に異動する海外勤務者を誰が管理すべきか、管理方法をどうするのかなど、課題は山積みですが、大きな問題に発展する前に、まずはグローバル企業にふさわしい責任を果たすための組織作りが急務となります。
GESでは、出張者の海外リスクを管理方法から実際の管理をビッグデータ等を分析してサポートします。

>> 詳細は「出張者海外勤務リスク管理サービス」をご覧ください。 

出張者にかかるコンプライアンス管理の方針決定等

デロイトが提供するデータ分析ツール

海外勤務者によるPEリスクアセスメント

海外出張者を管理する中で、出張者が海外において行う業務内容・業務期間等によっては、日本本社がPE(恒久的施設)としてみなされるリスクが顕著になる場合があります。

GESでは、現地での活動内容や日本法人と現地法人との取引頻度などから、海外勤務者に係るPEリスクを金額的なインパクトで示し、大きなインパクトがあると見込まれる場合には、考え得る対処法を提示させていただきます。 

恒久的施設(PE):PEリスクへの対処法の提示

定量化作業の結果、海外勤務者に係るPEリスクに金額的な重要性があると見込まれた場合には、考えうる対処法を提示します。
なお、PEリスクに対する対処法として、以上のサポートを提供することが可能です。