サービス

関税サービス

関税と貿易のリスクやコストをマネジメントし、コンプライアンスとサプライチェーンの最適化を向上させることは、国際的に貿易を行う企業にとっては必須の課題です。

関税の積極的マネジメント

  • 関税評価プランニング業務
  • FTA/EPA活用サポート業務
  • 不当廉売関税等の特殊関税への対応サポート業務
  • 税関事後調査への対応サポート業務
  • 品目分類、保税・減免税制度活用調査業務

相談事例:

サービスフライヤーのご紹介

1.税関事後調査対応サポート

私たちは、企業の輸入申告実態を把握し、税関事後調査におけるポイントや調査官への対応に係るアドバイスを行い、調査指摘内容を踏まえた適正な輸入申告に必要な税関との協議や包括評価申告書の提出等の税関手続に係るサポートを行います。

(173KB,PDF)
2.米国アンチダンピング税見直審査請求

アンチダンピングとは、「関税および貿易に関する一般協定」に定めるアンチダンピング協定に基づき、輸出国の国内価格よりも不当に安い価格で輸出が行われ、輸入国における国内産業に被害を与えている場合に、WTO加盟国である輸入国政府が通常の関税よりも高い関税を課すことができる、貿易救済措置の一つをいいます。

(171KB,PDF)
3.移転価格調整への対応

移転価格調整は、移転価格税制上の観点から、多国籍企業が行う国外関連者との取引価格が、独立企業間価格であることを維持し、適正な課税所得の算出が行われることを目的として行われるものです。一方、関税評価を行う税関の観点からは、輸入取引価格(輸入申告価格)の調整が行われたものとみなされます。

(175KB,PDF)
4.ファーストセールスキームの導入

ファーストセールとは、輸入国へ貨物が到着する前に複数の取引が行われた場合に、輸入国への輸入に先行して行われた最初の取引における取引価格を、課税価格(プラス「加算要素」)として使用することが認められる課税価格決定の方法の一つです。

(186KB,PDF)
5.アンバンドリング

アンバンドリングとは、現状の取引価格から非課税要素を切り分けて、課税価格の適正化を行うものです。企業の状況やニーズに合わせてサービス提供を行います。

(222KB,PDF)
6.品目分類サポート

私たちは、「商品の名称および分類についての統一システムに関する国際条約」に定める分類規則を基に品目分類のサポート、またHSコード決定に係る税関との見解の相違を回避するため税関へのルーリング申請サポートを行います。

(173KB,PDF)

プロフェッショナル

岡田 力/Chikara Okada

岡田 力/Chikara Okada

デロイト トーマツ税理士法人 パートナー

税理士 大手物流会社にて通関士として勤務後、2003年税理士法人トーマツ(現 デロイト トーマツ税理士法人)に入社。約15年間、日系および外資系企業の国内外取引に係る関税および消費税の税務アドバイザリー業務に従事。昨今の国際通商ルールの展開や税制改正を背景に、大手輸出企業へのFTA/EPA活用のプロジェクトや金融機関・小売業等への専門的な消費税削減プランニングに関わっている。 著書:『M&Aを成功... さらに見る

加納 直幸/Naoyuki Kano

加納 直幸/Naoyuki Kano

デロイト トーマツ税理士法人 ディレクター

外資会計系コンサルティングファームにて約8年半に及び国際貿易アドバイザリー業務に従事した後、2015年デロイト トーマツ税理士法人に入社。 経済連携協定・特恵関税制度の活用、関税評価・分類の適正化、特殊関税制度への対応、輸出管理体制の構築等、輸出入取引に関連するさまざまな分野で国内外企業をサポートしている。... さらに見る