サービス

間接税サービス

サプライチェーンにおける関税評価額の見直しや自由貿易協定(FTA)/経済連携協定(EPA)の活用による関税の削減、日本の消費税を含め世界各国の付加価値税制度における目まぐるしい法改正に対応した税負担の削減;デロイト トーマツ税理士法人は、間接税サービスのグローバルネットワーク、そして豊富な知識と経験を駆使して、企業のビジネスの競争優位性を間接税マネジメントの分野でサポートします。

サービスラインのご紹介

・ 消費税サービス

・ VAT/GST*サービス
*Goods and Services Tax:物品サービス税・消費税

・ 関税サービス

サービスブロシュアのご紹介

間接税マネジメントという言葉をご存知でしょうか?

タックスがビジネスより優先されることはないということを前提に、利益のみを追求した商流がグローバルに展開され、物流のみを優先したサプライチェーンマネジメントが導入されるため、たとえ税負担や税務リスクが生ずる商流・物流となっても、タックスが考慮されたサプライチェーンはなかなか実現されないのが現状です。
しかしながら、近年の経済連携協定(EPA)/自由貿易協定(FTA)の拡大による有税品と無税品の格差という関税環境の変化、日本の消費税を含めた世界各国における付加価値税制の改正や税率の変更を背景に、企業の損益に影響を与える間接税は、ビジネスにおいて大きな存在になってきています。その間接税のコストとリスクをマネジメントすることは、企業のビジネスにおいて、競争優位性を高めることになるといえます。
デロイト トーマツ税理士法人は、間接税サービスのグローバルネットワーク、そして豊富な知識と経験を駆使して、企業のビジネスを間接税マネジメントの分野でサポートします。

(613KB,PDF)