サービス

消費税サービス

税率アップ・軽減税率およびインボイス制度の導入・電子取引課税等、複雑化が進む消費税法改正に迅速に対応することで、コンプライアンス業務の負荷や税負担を軽減できる可能性があります。

消費税の戦略的マネジメント

  • 消費増税、軽減税率およびインボイス制度導入の対応に関するアドバイザリー業務
  • 税負担軽減のプランニング業務
  • 戦略的税制改正対策のアドバイザリー業務
  • 消費税額計算に関するシステムの導入・改修サポート

相談事例:

消費税インボイス制度導入支援サービス

2023年10月1日から施行される消費税インボイス制度では、売り手側に一定の要件を満たす適格請求書等の発行が義務付けられ、買い手側の仕入税額控除はその適格請求書等の保存を要件としています。デロイト トーマツ グループでは、複雑化した消費税を熟知した専門家が本制度の導入をサポートします。また、税務(消費税)のみならず法務(消費税転嫁拒否規制)の側面からもアドバイスを提供します。

>詳細はこちら

適格請求書発行事業者の登録申請支援サービス

2023年10月より導入される消費税インボイス制度の下では、仕入税額控除の要件として、「適格請求書発行事業者」が交付する「適格請求書」等を保存することが求められます。デロイト トーマツでは「適格請求書発行事業者」に係る申請書類の準備支援の他、インボイス制度対応のための体制整備、システム導入等のアドバイスを提供しています。

>詳細はこちら

プロフェッショナル

溝口 史子/Fumiko Mizoguchi

溝口 史子/Fumiko Mizoguchi

デロイト トーマツ税理士法人 パートナー

自治省(現在の総務省自治局)勤務を経て、2001年からドイツ大手税理士法人にてドイツ法人の税務を担当。法人税、付加価値税、移転価格税制、組織再編税制に関するアドバイスおよび企業買収時のタックスデューデリジェンスに従事。2005年ドイツ税理士登録。ロンドンスクールオブエコノミクス欧州社会政策学修士。東京大学法学部卒業。 2015年に帰国、海外の間接税と国際貿易自動化ツールを専門に扱う。 著書 『EU... さらに見る

纐纈 明美/Akemi Koketsu

纐纈 明美/Akemi Koketsu

デロイト トーマツ税理士法人 マネージングディレクター

税理士 日系企業及び外資系企業の国内及び海外取引に関する消費税の税務アドバイス業務、国内のグループ内再編に係る消費税の税務アドバイス業務、特定のインダストリーを対象とした専門的な消費税の削減プランニング、及び消費税データ分析を活用した消費税コスト削減と消費税のコンプライアンス管理に係る税務アドバイス業務等に従事している。 主な著書 『組織再編・グループ内取引における消費税の実務Q&A』(中央経済社... さらに見る