サービス

クロスボーダー取引に係る国際税務サービス

デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の国際投資や外資系企業の対日投資などの国際間取引に係るさまざまな国際税務の問題について、網羅的かつ実務的な税務ソリューションを提供します。

関連コンテンツ

主なクロスボーダー取引に係る国際税務サービス

  • 日系企業の国際間取引における国際税務に係るご相談対応(租税条約の取扱い、外国子会社合算税制、PE認定課税、源泉税、間接税、など)
  • 税務上の観点における国際間投資ストラクチャーに関する相談
  • M&Aに伴う買収ストラクチャー設計に係る相談
  • グローバルタックスマネジメント(国際税務リスク管理、実効税率適正化等の企業内税務ガバナンスに係るコンサルティング)
  • ビジネスモデルオプティマイゼーション(ビジネスと税の双方の効率性を踏まえた事業組織の見直し)
  • 新興国投資など、現地税制に関する初期リサーチおよびビジネスセットアップに係る相談業務
  • 全世界的な組織再編戦略の立案(持株会社等の設立、事業統廃合に伴う組織再編など)

中国税務サービス

デロイト トーマツ税理士法人 中国税務室は、各社の中国事業に関わるさまざまな税務問題に関して、デロイト中国との緊密な連携のもとで、アドバイス業務をはじめとする各々のニーズに合わせたサービスを提供することにより、その中国事業を日中双方向からサポートします。

>> 詳細はこちらをご覧ください

インド税務サービス

インドの経済成長はめざましく、対インド直接投資の増加が続いています。2030年には17億人強へと世界最大となる人口がもたらす市場の将来性を睨み、日系企業もさまざまな分野での積極的なインド投資が急速に増えています。インド投資における課題はさまざまありますが、最も難しい課題の一つとして複雑な税制が挙げられます。デロイト トーマツ税理士法人は日本とインドの最新知識と豊富な経験を元に御社のインド事業展開を支援します。

>> 詳細はこちらをご覧ください

米国税務サービス

デロイト トーマツ税理士法人の米国税務サービスグループでは、米国での勤務経験が豊富な専門家チームにより、クライアントニーズに的確に対応できる他の税理士法人にはない幅広い米国税務サービスを提供します。

>> 詳細はこちらをご覧ください