サービス

海外勤務者のグローバルペイロール管理サービス

監査活動によるコンプライアンスリスク、税務調査リスク等の増加など、各国の税務当局の監視が厳しくなっている中、海外勤務者のペイロールやコンプライアンス等の正確性がより求められています。海外勤務者のグローバルペイロール管理サービス(Global Compensation Management: GCM)を導入することによってさまざまなコンプライアンスリスクの低減を可能にします。

Global Compensation Management

各国の税務当局の監視が厳しくなっている中で、海外勤務者(出向者、出張者、駐在員などを含めて)のペイロールや税務コンプライアンス等の正確性がより求められています。
ペイロールデータを一元管理することにより、コンプライアンス等が正しく申告されているかが把握でき、また以下の効果が得られ、コンプライアンスリスクや税務調査リスクの低減にもつながります。

• 効果的なリスクマネジメントの推進
• ペイロール・税務コンプライアンスにおけるプロセスの標準化による業務効率と品質向上
• ペイロールデータの管理・共有による業務効率とコスト削減

ステップ(1): データ収集プロセスのマッピング、データ収集方法の確認、データフローやデータ算出方法の妥当性をデロイト トーマツ グループが検討し、御社のニーズに沿ったプロセスを確定します

ステップ(2): デロイト トーマツ グループが独自の給与データベースを使用して、日本本社、および各海外拠点からの給与(報酬)データを収集、ペイロールの進捗状況や海外勤務者の総人件費を管理します

ステップ(3):グローバル給与データの一元管理により、項目別(海外勤務者、海外拠点、支払通貨等)にデータの管理ができ、ペイロールレポートもフレキシブルなフォーマットで抽出可能にします

海外勤務者のグローバルペイロール管理サービス

給与データグローバルマネジメントサービス