サービス

海外拠点の税務リスクプロファイリング・税務調査対応サポート

グローバルに展開する企業にとって、海外勤務者はその投資活動を支える戦力です。海外勤務者に対する報酬は、さまざまな種類の手当を含み、その支給や負担が日本と海外の双方に及ぶほか、社員の活動が複数国にまたがるため、海外各国で複雑多岐な課税関係を生じさせます。世界の税務当局は海外勤務者を抱える企業に対し課税を強化し始めており、最善策をとることが緊急な課題となっています。

1. 税務コンプライアンスのヘルスチェック(税務診断)

グローバルに展開する企業にとって、海外派遣社員はその投資活動を支える戦力です。海外派遣社員に対する報酬は、さまざまな種類の手当を含み、その支給や負担が日本と海外の双方に及ぶほか、社員の活動が複数国にまたがるため、海外各国で複雑多岐な課税関係を生じさせます。世界の税務当局は海外派遣社員を抱える企業に対し課税を強化し始めており、税法違反の露呈や予想外の税金コストが企業の打撃にならないように、最善策をとることが緊急な課題となっています。

GESでは、海外派遣先各国における税務コンプライアンスが適切であるかのヘルスチェック(税務診断)を行うことで、日本本社の海外赴任者規定や海外現地での現状の税務処理プロセスを検証し、税務問題の所在を明らかにします。解決すべき課題の優先順位付けと節税の可能性を提案し、実際の税務調査での円滑なプロセスやコスト削減を可能にします。検証の程度と内容はクライアントの要望に合わせて行うことが可能です。 

2. 税務調査の対策準備

近年の経済状況下、税務当局は、これまでにない厳しい課税方針をとり始めています。源泉徴収税や個人所得税の税務調査内容も多様化しており、徹底した理論武装に基づく対策準備が必要です。元国税庁職員を含むGESのプロフェッショナルが、豊富な調査事例と専門知識をもとに、税務調査の対策と準備をサポートします。 

3. 税務調査の立会・税務当局との交渉

税務調査の対応には、具体的な調査内容や指摘内容の重要度を把握し、理論的に抗弁することが重要です。GESでは、実際の税務調査への立合いや、税務当局への意見・交渉等をサポートし、また必要に応じて、意見書等の書面作成のサービスも提供します。