サービス

Tax Controversy Insight(TCI)

グローバルな税務リスク管理に向けたリスクの現状分析はできていますか?

Deloitteでは、海外・国内の各拠点における税務リスクの現状を把握するために開発された情報収集ツールTCIを活用し、事業年度・税目・地域等を限定して情報収集し、貴社にとって重要な税務リスクとは何かを定めるために必要な情報をご提供します。

Tax Controversy Insight (TCI) を活用した現状把握のメリット

TCI は、海外・国内の各拠点における税務リスクの現状を把握するために、Deloitteが開発した情報収集ツールです。

各拠点の税務リスクを把握するために、TCIを活用して、事業年度別・税目別・地域別・拠点別の係争金額やステータスに関する情報を収集し、必要な情報を貴社にご提供します。

これにより、貴社は、本社がコントロールすべき重要な税務リスクを特定することが可能となり、重要な税務リスクについて本社による管理を実現させることができます。

[PDF: 321KB]
クリックすると別ウィンドウが開きます
  • TCI とは、Deloitteが開発したTax Controversy Insight という情報収集ツールの略称です。
  • 各拠点担当者は、案内メール中のリンクをクリックし、ウェブ上のTCIに税務調査・係争の状況に関する質問への回答を入力し、関連資料をアップロードします。
  • TCIを活用することで、本社及び子会社に過度な負荷をかけずに情報収集を行え、必要な情報を貴社にご提供することが可能となります。

 

TCIを活用したDeloitteのサポート例

Deloitteのサービス

海外

国内

税務リスクの現状把握のサポート

  • 貴社グループの税務リスクについて、事業年度別・税目別・地域別・拠点別の情報を収集し、貴社が現状把握するために必要な情報をご提供します。
  • 貴社の更なる検討が求められる税務リスクのリストを提示します。

本社によるコントロールの必要性検討のサポート

  • 貴社が選定した税務リスクについて、DeloitteのTax Controversyの専門家が、貴社が本社によるコントロールの必要性を検討するために必要な情報をご提供します。

本社によるコントロールの実施のサポート

  • DeloitteのTax Controversyの専門家が、本社がコントロールすべき税務リスクについて、調査事前準備・税務調査対応・不服申立て等の遂行をサポートします(貴社が有限責任監査法人トーマツの監査先である場合は、税務訴訟のサポートはできません。)。

貴社によるリスクポリシー設定のサポート

  • DeloitteのTax Controversyの専門家が、貴社が重要な税務リスクに関するポリシーを設定するために必要な情報をご提供します。

 

 

税務リスクの現状把握のサポート提供手順

クリックすると別ウィンドウが開きます

プロフェッショナル

山川 博樹/Hiroki Yamakawa

山川 博樹/Hiroki Yamakawa

デロイト トーマツ税理士法人 パートナー

国税庁調査査察部調査課長を退官後、2014年9月に税理士法人トーマツ(現 デロイト トーマツ税理士法人)に入社。1982年慶應義塾大学卒業後、国税庁入庁し、32年間の国税勤務の中で国際課税の要職を歴任。多岐の業種にわたる調査や相互協議、OECD業務を経験。政府から納税者に向けた情報発信を行ってきた。調査対応、争訟対応、相互協議、事前確認、国際プランニング等のサービスに従事。 主な著書:『我が国にお... さらに見る

北村 豊/Yutaka Kitamura

北村 豊/Yutaka Kitamura

デロイト トーマツ税理士法人 ディレクター

税理士・弁護士・ニューヨーク州弁護士 長島・大野・常松法律事務所(2000~2009年)、金融庁総務企画局政策課金融税制室課長補佐(2009~2012年)、京都大学法科大学院非常勤講師(税法事例演習)(2010~2015年)、大手税理士法人・弁護士法人(2012~2017年)を経て、2017年6月からデロイト トーマツ税理士法人に入社し、タックス コントラバーシーチームに参画。大規模法人・外資系企... さらに見る