サービス

審査請求・税務訴訟サービス

争えば税務はもっとフェアになる

審査請求・税務訴訟は、税務をもっとフェアにするための手段です。私たちは、納得できない課税処分に直面されている納税者のご依頼に応じて、課税処分が正しい事実に基づいているか、課税処分の法令解釈に誤りがないか、検証を行います。そして、審査請求・税務訴訟の代理まで一貫して対応いたします。

課税処分に納得できないときは、どうすべきか?

納税者と税務当局は、税務調査の現場において、納税義務の有無・時期・金額をめぐり、しばしば対立します。その原因の多くは、納税者の取引や財産に関する事実と、税務当局が把握した事実との違いです。この事実の争いは、税務調査の過程で誠実に議論をすることにより、解消されることもありますが、争いが解消されないまま、課税処分に至ることも少なくありません。

納税者が課税処分に納得できないときは、まず、課税処分が正しい事実に基づいているかを十分に検証すべきです。また、課税処分の法令解釈に誤りがないかどうかも、併せて検証する必要があります。

その結果、課税処分が誤っているときは、審査請求・税務訴訟により誤った課税処分を是正し、払い過ぎた税金を取り戻すことができます。納税者としては、株主、取引銀行、取引先等のステークホールダーに対する説明責任を果たす観点からも、フェアでない課税処分に対し、適切な対応をすることが求められているといえるでしょう。

(455KB ,PDF)
審査請求・税務訴訟のステップ
クリックかタップで拡大画像をご覧いただけます

デロイト トーマツが提供するサービス

私たちは、納得できない課税処分に直面されている納税者のご依頼に応じて、課税処分が正しい事実に基づいているか、課税処分の法令解釈に誤りがないか、検証を行います。また、審査請求・税務訴訟に進む場合の勝訴見込み・手続・費用や、課税処分の対外的な開示方法等についてもコンサルティングをさせていただきます。そして、審査請求・税務訴訟の代理まで一貫して対応いたします。

審査請求に強みを持つデロイト トーマツ

納税者が審査請求をすると、国税不服審判所は、非公開かつ無料で、納税者と税務当局の双方の言い分を聞きながら、課税処分に係る事実関係を改めて整理し直し、第三者の観点から判断を下します。そのため、納税者は、誤った事実認定に基づく課税処分を早期に是正することができます。また、税務訴訟をせざるを得ない場合でも、事前に争点を明確化することにより、効率的な訴訟追行が可能となります。

私たちは、税務調査対応・審査請求・税務訴訟の分野において豊富な知見・経験・実績を有する弁護士・税理士・国税不服審判所OBがチームを組んで、税務申告・アドバイザリーチームとも密接に連携しながら、日常的に審査請求に取り組んでおり、特に審査請求について圧倒的なノウハウの蓄積を有しています。

クリックかタップで拡大画像をご覧いただけます

税務調査・係争対応に係る寄稿記事・書籍一覧

タックス コントラバーシーチームのメンバーが税務専門誌に寄稿した記事および執筆した書籍を紹介しています。

>> 詳細はこちらをご覧ください

Tax Controversy Newsletter

デロイト トーマツ税理士法人の専門家が、高度な専門性と豊富な実績をもとに最近の税務判例の傾向と対策について、わかりやすく説明します。

>> 詳細はこちらをご覧ください

プロフェッショナル

北村 豊/Yutaka Kitamura

北村 豊/Yutaka Kitamura

DT弁護士法人 弁護士・税理士・ニューヨーク州弁護士

主な業務 大規模法人・外資系企業・個人富裕層を中心に、数多くの税務調査対応・審査請求・税務訴訟をサポートしている。 資格 弁護士(第一東京弁護士会、2000年登録) 税理士(東京税理士会麹町支部、2017年登録) ニューヨーク州弁護士(2007年登録) 学歴・職歴 1998年 東京大学法学部卒業 1999年 東京大学大学院法学政治学研究科卒業 2000年 長島・大野・常松法律事務所(~2009年)... さらに見る

手塚 崇史/Takashi Tezuka

手塚 崇史/Takashi Tezuka

DT弁護士法人 弁護士

主な業務 税務アドバイス、税務紛争、国際通商法、アンチダンピング調査対応、一般企業法務等を取り扱う。税務については、国税のみならず、自治省(現総務省)での勤務経験をもとに地方税についても対応する。また、アンチダンピング調査対応については、日本国政府のほか世界各国の実務についても対応する。   資格 第一東京弁護士会(2002年登録) ニューヨーク州(2000年登録)   学歴・職歴 1996年 東... さらに見る