ナレッジ

通信業界におけるブロックチェーン

ブロックチェーンの通信業界への影響と経営層にとっての意義

ブロックチェーンは現在、最も広く話題になり喧伝されているテクノロジーのひとつです。多くの業界が、近年急速に出現しているブロックチェーン技術に基づくユースケース、概念実証(PoC)、そして本格的なビジネスでの導入を受け、ブロックチェーンの潜在的可能性に期待と不安を抱いています。

ブロックチェーンの通信業界への影響は?

 ブロックチェーンのテクノロジーには、通信を含む多くの業界のビジネスモデルに衝撃を与える潜在的可能性があり、プロセスの透明性と効率性を高めることができます。

 しかし、ブロックチェーンの応用はまだ初期段階で進化の途上にあり、これを補完する業界全体の規格の整備もまだ数年先になりそうです。とはいえ突然の出来事に混乱したり機会を逃したりすることを避けるために、通信業界のエコシステムのストラテジスト、プランナー、意思決定者は今こそ、中核・隣接業務とビジネス機能の両面で、このテクノロジーをどう応用するかについて時間を掛けて調査する必要があります。関連する機会と課題を早いうちに熟知すれば、このテクノロジーが成熟し、より広く採用されるようになったとき、売上成長とコスト削減の面で優位に立ちやすくなる可能性があります。

通信業界におけるブロックチェーン (1.4MB, PDF)

ブロックチェーンの主な特徴

*トラストレス:信頼のおける第三者を必要としないこと

右から二番目のアイコンをクリックすると資料全体が展開されます。

適用例

 

 本書ではブロックチェーンの特性を活かし、より信頼性が高く機密性があり障害に強い用途を実現できるとする、4つの適用例を論じています。

 

1. 不正行為の防止

 通信業界におけるネットワークの不正利用による損失が年間380億米ドルを超え、不正行為の発見と防止はほとんどの通信事業者にとって重要な課題であり続けています。通信業界が不正行為を効果的かつ持続的に防止する方法をまだ見出していないことを考えると、原理的にはブロックチェーンはローミングやアイデンティティ管理などにおける不正行為による損失を大きく削減する有力候補と言えます。

 

2 . アイデンティティ・アズ・ア・サービスとデータ管理

 通信事業者は、識別と認証だけでなく、ブロックチェーンによって可能となるデータ管理のソリューションをパートナーに提供することで、新たな収入源を生み出すことができる可能性があります。

 

3. 5Gの実現

ブロックチェーンの恩恵でプロセスを合理化できる可能性があるもう1つの例が5G技術の実装です。さまざまなネットワークをまたいでユビキタスにアクセスするという5Gの可能性を実現するには、通信事業者は多種多様なアクセスノードとアクセスの仕組みを扱う必要があります。すべてのユーザーやマシンにとって最も速いアクセスノードを選択することが今後の中心的な課題です。ブロックチェーンによって、新世代のアクセス技術選択メカニズムは持続的な解決策を構築することができるようになります。

 

4. IoT接続

 ブロックチェーンは、何千台ものIoT機器とコスト効率的で自己管理されたネットワークとをセキュアにエラーなくピアツーピアで接続できるようにします。例えば、製造工場の機械は生産工程をコントロールするために、ブロックチェーン経由で通信し、自分自身を認証できるようになります。

お役に立ちましたか?